たった一円で、スマホが持てる⁉

こんにちは。

つい数日前ですね、楽天モバイルから一円キャンペーンが突如始まりました。

第四のキャリアに名乗りを上げた楽天モバイル。とにかくたくさんの人に使ってもらおうと、あの手この手でキャンペーンを行っています。

まず初めにリリースしたのが、300万人対象の、通信料一年間無料キャンペーン

Rakuten UN-LIMITというキャンペーンですね。楽天通信エリア内であれば、無制限で使い放題。(一部制限あり)

格安で売り出した楽天の料金は、使い放題で月額2980円
他キャリアの料金と比較すると、およそ1/3程度でしょうか。

ここから、僕独自の視点で切り込んでいこうと思います。

まず、300万人という人数ですが、みなさんはどのように感じますか?
多いと感じると思いますが、他キャリアと比べてみましょう。

・docomo 約8000万
・au  約5800万
・SoftBank 約4500万

この数字と比べると、まだまだ少なく見えませんか?
楽天としては、最終的に上記のキャリアくらいの契約を見込んでるとすると、
300万人に、ちゃんとつかえることを知ってもらい、良いイメージを共有してもらうことが目的だと思われます。
ここで気を付けなくてはいけないのが、使い物にならなかった時です。ある調査によると、満足しなかった顧客は、少なくとも9人にその話をするらしいです。
今ですら使えるエリアが限定的なのに、そこでろくに通信できなかったらおしまいですね笑

次に、なぜ楽天は、こんなにも安い料金で提供できるのかについて。

まず挙げられる要因は、完全ネットワーク仮想化です。(楽天モバイルHP参照)
急に難しいこと言われても分からないですよね・・・
その辺の話は、改めて書きたいと思いますが、ここで言いたいのは、
電波の基地局の設置にかかる費用が、格段に抑えられるということです。

正確な料金は分からないのですが、総務省の公表しているデータから簡単に計算してみました。
その結果ですね、auやsoftbankは、1基地局当たり約1000万~1800万程度なのですが、楽天はたったの800万で作っています。謎です笑。ちなみにdocomoは、国内ベンダーの基地局を使ってるからか、6000万と、桁外れに高かったです。これも謎ですね。

話が少しそれましたが、本題の1円キャンペーンです。

なかなか思ったように契約が取れなかったのか、ついに端末をほぼタダで配ることにしました。契約にかかる費用は、楽天ポイントで還元されるので、実費で言うと、

・端末代1円
・契約金3300円
キャンペーン3300ポイント還元
オンライン契約3000ポイントプレゼント

となり、1年間無料に使えるうえ、2999円分得をするという、前代未聞のキャンペーンです。解約金もかからないです。

なんとしても、使ってほしいという楽天の声が聞こえてきますね笑

かくいう僕も、契約してみました。

どのくらい使えるものなのか、実験していきたいと思います。

まとめ
・実質お金がかからない、お得なキャンペーン
・楽天は、とっても使ってほしい
※注意 楽天回線が使えるエリアはかなり限定的なので、そこは要確認!!

いかかでしたでしょうか。

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました